データ復旧業者に依頼をする場合には確実に復旧できるような準備をしておこう

事業者の実績

パソコン修理

連携や提携もチェック

仕事が丁寧で早いと言われるなど、データ復旧時間が想定以上に早いことは個人相手ではないBtoB(法人向け)向けサービスの特徴になります。復旧作業を担う事業者にとって、年末年始やGW中にも営業していることは重要となります。個人向けなら利用する家電量販店で紹介されたり、対応してくれたりするでしょうし、ネット検索していくつかピックアップするでしょう。しかし、BtoB(法人向け)となるなら、知っておきたいのは実績です。主要なパートナーとの業務提携をチェックしてみましょう。例えば、日本における有力なPCメーカー、周辺機器メーカーはもちろん、通信キャリアからシステムベンダーなど、名だたる企業との業務提携がある事業所を選びましょう。知っておくべきはデータ復旧に関する業務提携を締結させた年数です。事業所は技術やサービスに信頼を得られない場合には、パートナーの製品にも関わることができません。もちろん、長きにわたり提携するならば、データ復旧料金が値上がりしたとしても納得できる結果が期待できます。例えば、外付けHDDの問題があったとして、業務提携先を中心に比率は増加傾向にあるはずです。大量のデータのストレージとしての利用が増加していますが、知っておくべきはバックアップがされていないケースが多いことなのだそうですが、納品をする際にバックアップの提案をしてくれます。このように、実績をチェックすれば、なぜ費用が高いのかも自ずと分かるでしょう。

Copyright© 2021 データ復旧業者に依頼をする場合には確実に復旧できるような準備をしておこう All Rights Reserved.